なぜ私が名古屋でプレゼンセミナー講師を目指すことになったのか?
それは私が、新市場での新製品販売プロジェクトを担当したことにはじまります。
私は普段、ソフトウェアメーカーの営業として自社製品販売を行っています。
とかく人付き合いに対して慎重な気質を持つ名古屋人。そこに打って出るのは並大抵の事ではありません。
いかに競合他社との違いを明確に、自社の強点を際立たせるか。そして、相手にシンプルに伝えるか。日々開発担当者との打ち合わせを重ね、顧客へのプレゼンを行っていました。
そして製品販売が軌道に乗ってきたとき、残念ながらプロジェクト自体は利益確保が難しい市場であるという結論に至り、終息することとなりました。
自身の関わったプロジェクトの終息。社内的にバツがついた状況の中、自身を支えてくれたスキル。それがプレゼンテーションでした。
シンプルでわかりやすいプレゼンは必ず顧客に響く、売れる。私の営業スタイルの根幹です。
その後、社内では若手育成を行っており、改めてスキルを体系化し、わかりやすく伝えることの必要性を感じていました。そんな時出会ったのがプレゼンテーションセミナーです。自身がこれまでプレゼンの中で感覚的に行っていた所作・言葉全てに意味があること。その重要性。それを技術として整理、棚卸しをすることのきっかけとなりました。
その技術をより多くの方に理解して頂きたい、身につけて頂きたい。そう思いプレゼンテーションセミナー講師を目指すことになりました。
私はこれまで大阪、東京、そして名古屋と三都市で営業として商売をして参りました。
プレゼンテーションは感覚で行うことではなく、そこには必ず伝わる技術があります。
生まれ育った東海エリア、生の現場に立ち第一線で戦っている営業マンだからこそ出来るプレゼンテーションセミナー。この名古屋で受講者の皆様にお伝えしていきたいと思います。